生後2ヶ月から、ワクチン接種をはじめましょう!
医療法人社団ふたば会
千葉県印西市竜腹寺350-2
TEL 0476-80-9611

夜間休日のご案内

急な病気に困ったら
小児科のある夜間休日の急病診療所
救急に役立つサイト、電話サービス
どう利用する?夜間休日の救病診療所


急な病気に困ったら急な病気に困ったら


小児救急電話相談(#8000)


小児科のある夜間休日の急病診療所 小児科のある夜間休日の急病診療所


印旛市郡小児初期急病診療所(佐倉市江原台2-27) 043−485−3355
印西総合病院 小児救急外来(印西市牧の台1-1-1) 0476−33−3000
成田市急病診療所(成田市赤坂1-3-1) 0476−27−1116
やちよ夜間小児急病センター(八千代市大和田新田477-96) 047−458−6090
その他の急病診療所(ちば救急医療ネット)

救急に役立つサイト、電話サービス 救急に役立つサイト、電話サービス


こどもの救急―おかあさんのための救急&予防サイト(日本小児科学会)        
日本中毒情報センター
大阪中毒110番(365日 24時間対応) 072−727−2499 (情報提供料:無料)
つくば中毒110番(365日 9時〜21時対応) 029−852−9999 (情報提供料:無料)

どう利用する?夜間休日の急病診療所 どう利用する?夜間休日の急病診療所


ここでは内科的な急病を中心に、参考になることをあげてみます。

Q. すぐ受診すべきなのは、どんな症状の時?

A.
    1.元気がなくぐったりしている
    2.ゼーゼーやケンケンの咳で呼吸が苦しそう
      (喘息やクループのとき)
    3.繰り返し吐いている
    4.腹痛、頭痛などの痛みが強い
    5.生後6ヶ月前の発熱
    6.それ以外でも、何か子どもの様子がおかしいなどが目安としてあげられます。

Q. 熱が高いと心配ですが?

A. 熱が高いだけで、比較的元気で上にあげたような症状がない場合、真夜中にすぐ救急に駆けつける必要はまずありません。水分をとらせ、暑いようなら着せすぎないようにして休ませ、翌日受診すればよいでしょう。

Q. 熱性けいれんはあわてなくてよい?

A. 医学書などで心配ないと書いてあっても、目の前でわが子がひきつけても冷静でいられる人はまずいないでしょう。あわてて救急に駆けつけるのも無理はありません。
 基本的には、生後6カ月から6歳くらいの子どもが、発熱にともなって数分程度ひきつけ、その後意識がもどって比較的元気な場合は、夜中なら翌朝受診でも大丈夫です。
 ただし、インフルエンザの場合は、気をつける必要があるので、インフルエンザシーズンのひきつけは、念のためすぐ受診することをおすすめします。

Q. 急病診療所を受診するときの心構えは?

A.
・日頃から情報を集め、受診先を母子手帳などにメモしておきましょう。
 当院の受付やホームページにも、周辺の急病診療所リストがありますので、活用して下さい。
・先方に確認の電話を入れます。リストにある病医院でも、常に対応できるとは限りません。
・受診するときは、保険証、母子手帳、飲んでいる薬があれば持参しましょう。
・下痢の場合は、便(おむつならそのまま)を持参すると、診断の参考になります。

Q. 冷静に判断できるか、自信がありません

A. 初めてのお子さんの場合やその方の経験によって、心配には差があります。一応の目安はあるものの、病気の診断をするのは専門家の役目です。これは心配だと思ったら、受診をするのはまちがいではありませんので、ご安心下さい。

Q. 子どもの状態をあるていど判断できるようになるためには、どうしたらよいのでしょう?

A. 初めてのお子さんが受診された時、親御さんにお話することがあります。それは、自分がわからなかったり心配なときが、専門家に聞くときだということです。失敗したり、わからないのは恥ずかしいことではありません。そうして皆経験してゆくのです。
病気をしたとき、気になることがあるとき、育児書を山のように読んで迷い悩むより、目の前の子を見ながら、ひとつひとつ医師に相談して下さい。1年たてば、急いで病院に行くことは減ってくるでしょう。
でもいつも医師に相談に行くのは大変です。日頃から気軽に話せる相談相手を持っていてください。病院に行かなくてもわかってくることが、きっとたくさんあるでしょう。

<これはNG!!>

朝から具合が悪かったのに、夜もやっているから、と救急を受診するのはマナー違反である上、昼間よりできる検査も限られるなど、患者さんにとっても不利です。当直医は通常勤務をこなしながら、救急も担当しています。負担が大きくなると、制度そのものが立ちゆかなくなります。